前へ
次へ

メニュー

福袋の楽しさやお得さについて

普段はなかなか高くて買えない憧れのブランドの洋服や、チャレンジする勇気がないブランドの洋服を、格安で手に入れられるチャンスといえば福袋です。1万円や2万円などの安いコストで、4枚程度の洋服を確実に手に入れることができたり、非常にお値打ちな存在です。

自分で服を選ぶとどうしても好みの系統やジャンルに偏ってしまうという人でも、福袋を使えば普段はあまり着ない雰囲気の洋服と出会えたりすることも多いですし、ファッションの幅を広げたり、手頃なコストで気軽にワードロープを増やすための手段としても福袋は最適です。

最近の福袋は、同じブランドであれば中身が統一されているものも増え、コートやニットやスカートがセットで入っていたりと、一つの福袋でコーディネートが一式完成するものもよくあります。福袋専売品のアイテムもあったりと、特定のアパレルブランドのファンにとっても福袋は見逃せない存在です。近年は実際に来店せず、インターネット通販を通じて福袋を購入できるアパレルブランドも増えました。

並んででも欲しいファッション福袋

毎年お正月には恒例行事のようにお気に入りのショップに朝早くから並んで福袋を買いに行きます。人気のショップだと徹夜で並んで買ったこともあります。事前にネットや雑誌で情報収集して、値段や初売りの情報を調べ上げて万全の状態で臨むのがすごく楽しいんですよね。

欲しい福袋がたくさんあるときはお友達に声をかけてショップごとに別れて並んだりして協力してもらっています。福袋は中身が分からなくて中にどんなものが入っているのか想像するとわくわくするところが大好きです。最近は中身が分かる福袋も増えてきましたが、わたしは昔ながらの福袋を楽しみにしています。

お気に入りのショップで買った福袋は中身がたとえ普段は買わないような色・デザインのものでも、普段着ている服の系統と合わせやすいのでファッションの幅が広がっていいなと思います。自分で選んで買ったお洋服ばかりだと結構コーディネートがマンネリ化しがちですが、福袋で毎年新しい発見をさせて貰っている感じです。来年も楽しみです!

ブランド福袋購入は恒例行事

やっぱり福袋は元々お高めのブランドをセレクトするのが当たりだと私は考えます。私は大体毎年、福袋を購入していますが使える洋服が入っている当たりな福袋は普段あまり頻繁には購入できないようなブランドの福袋だったりします。そういうブランドの物だと、もし自分が使えない場合でもオークションで高値で取引出来たりするので結局お得だなと思うのです。

逆に普段から、あまり悩まずにさっと手が出せるようなブランドの福袋の場合は「ちょっとな…」とがっかりすることも多かったです。洋服の点数がやけに多いものも少し考えた方がいいかもしれません。点数が多いだけに一つ一つがチープな感じがします。

そういうことがあったので私は福袋を購入する時はなるべくお高めのブランドで点数がそんなに多くない物をセレクトしています。この判断でセレクトしての失敗は今のところありません。当たりな福袋を手に入れたい方にぜひお勧めしたい方法だと思っています。

ファッションブランドの福袋を購入するのが毎年楽しみ

私は、毎年イオンにあるFIVE SHOPというファッションブランドの福袋を購入しています。いつもこのショップの福袋ばかりを購入するのですが、なぜならこのショップは売れ残った品物を福袋に入れたりしないからです。わざわざ福袋用に品物を仕入れているそうで、そんなところがとても気に入っています。お店の人も「福袋は日頃のお客さんへの恩返し。採算度外視。」と言っていました。このお店の福袋には5000円と10000円の2種類ありますが、私は毎年5000円の福袋を購入しています。入っているものは、アウター、セーター、ブラウス、Tシャツなど、5000円では絶対買えない、だいたい3倍くらいの品物が入っています。あまり使えないようなものは入っておらず、採算度外視というのがよくわかるような気がします。手袋や、帽子などが入っている時もあります。

私は、過去に1度だけ福袋購入で失敗したことがあります。MとかLとかサイズが表示してあるのに、間違えてLを購入してしまったのです。もう中を開けていたので返品するわけにもいかず、仕方がないので身体の大きい妹にプレゼントしました。

私は毎年、お正月になるとこのショップの福袋を購入しています。逆にいえば、お正月はあまり遠くにに出かけることもなく、初詣をするくらいで、静かなで穏やかなお正月を迎えているということなのです。もしも家族に、祖父母や父母に病気とか何かあれば、こんな福袋を購入するような穏やかなお正月を迎えれることは出来ないと思います。いつも通りに静かなお正月を迎えることができるのは、とても幸せなことなのかもしれません。多分、来年のお正月もこの福袋を買うことを楽しみにしていると思います。福袋は福の袋なのですから、何が入っているのか開けるまでとても楽しみです。いつも、私にピッタリの洋服が入っていますようにと願いながら購入しています。ドキドキしながら袋を眺め、選んでいます。外れは多分ないと信じているのですが、少しでもお気に入りの洋服が入っているものを選ぶことができますようにと思いながら購入しているのです。そんな福袋、また次の購入も楽しみにしています。

⇒ ブランド福袋のことなら

インターネットオークション活用

オークション

年末年始にかけて、各ショップで福袋が売り出されますが、私は平均3個~5個買っています。福袋好きの中では少ないほうだと思いますが…。人気の福袋だと店頭では売り切れていて、手に入らないことがあります。そんな時は私はインターネットオークションで購入することにしています。何枚か抜かれている場合、そのまま現物を引き渡してくれる場合がありますので、そこは注意が必要ですね。

ある年、あるブランドの福袋がとても気に入って、サイズ感もぴったりだったので、もう一つ欲しくなりました。今思えばそう考えたのが失敗だったのですが、オークションで購入した福袋は、中身が全く同じだったんですね。

これも素人だったのが悪いんですが、私としては、何枚かは定番があるにしても、あとは違うものが入っているものだという思い込みがあったのです。まあ、気に入ったものなので同じものがあってもいいですが、わくわく感は減ってしまったなあという感じです。でも、とにかくお得な福袋、やめられません。

Page Top